モコブログ 司法書士試験の合格体験記をめちゃくちゃ書くブログ

デグーと暮らす兼業司法書士受験生が試験に合格するまでを書いていきます。

身近に教材を置いておく!快適な勉強部屋を目指して


スポンサードリンク

資格試験!受験!快適な勉強部屋とは

f:id:aotya25:20210726134924j:plain

 

 勉強部屋するためだけの部屋を持っている人は少ないと思います。

 

 私も完全な勉強部屋はないですが、勉強する空間は他のことをするための場所と分けています。

 

 勉強するスペースは他のことをするための空間と分けた方がいいです。

 

 理由としては気持ちの切り替え、脳の働き、誘惑の排除などから説明できますが詳しくは後述します。

 

 今回は快適な勉強部屋を目指すというテーマで話していきます。

 

目次

 

 

1.脳の混乱を防ぐため勉強するためだけの場所は確保すべき

f:id:aotya25:20201113183407j:plain

 

 ワンルームで独立した勉強部屋を持てない場合でも勉強するスペースは他の場所と分けた方が無難です。

 

脳が混乱する

 

 人のは様々な感覚に依存しています。

 

 視覚や聴覚で入ってきた情報、または経験などに左右されます。

 

 例えばセミの鳴き声を聴くと暑く感じたり、美味しそうなものを見ると唾液が出たりします。

 

 勉強も同じです。

 

 勉強しているスペースでゲームや漫画を読んでいると、次勉強しようと思ってもなかなか勉強モードになれないことがあります。

 

 テキストを開いても先程までやっていた趣味が気になって集中できなくなってしまう現象が起こりやすいので、勉強効率が悪くなってしまいます。

 

 頭で分かっていても脳の機能に逆らうことはなかなか難しいです。

 

 勉強の効率に関する記事は過去に書いているので宜しければそちらをご覧下さい。

 

aotya25.hatenablog.com

 

気持ちの切り替えが難しくなる

 

 前述したことと近いですが勉強スペースと趣味のスペースが一緒だと、気持ちを切り替えるのも難しくなります。

 

 同じスペースに趣味の物が置いてあると気も散ります。

 

 勉強する場所の手の届く範囲にはできるだけ趣味のものを置かないことが必要になります。

 

 スマホも危険です。

 

 スマホには誘惑になるものが多く搭載されています。

 

 スマホは目に見える範囲になくても(例えばポケットの中や目に入らない同室の中)気になってしまうことがあります。

 

 できるだけ遠くに置く必要があります。

 

 

2.身近に置くものは勉強道具だけ

 

 快適な勉強環境にするためにはまず自分が手を伸ばして届く範囲に勉強道具以外置かないということにあります。

 

 先ほどの話に出た通り、手の届く目の届く範囲に勉強の妨げになるものを置いておくと手に取ってしまう危険が高まります。

 

 どんなに意志の強い人でも目の前に自分の好きなものが置いてあればそちらに気を取られます。

 

 準備段階としてこういった要因になりかねないものは目の前から消しておくことが必要です。

 

机の上

 

 机の上にはこの時間に勉強すると決めた教科のもの以外は置かない方が無難です。

 

 単純にゴチャゴチャしてしまうからといった理由もありますが、それ以外にもやはり他の教科が気になってしまうからということもあります。

 

 特に試験が迫ってきていると不安からアレもコレも気になってしまいます。

 

 その結果どの範囲も中途半端に終わってしまうなんていうことになりかねません。

 

 また勉強で使うもの以外は置かないというのも基本になります。

 

 机のスペースを広く取れるようにということもありますが、やはり一番は集中力を持続させるためにあります。

 

 これは一見集中力の妨げになりそうもない置物やエアコンのリモコンなども該当します。

 

 勉強に関係のないものはちょっとしたものでも視界に入ると集中力のジャマになってしまうことがあります。

 

 ただし飲み物は別です。

 

 人は水分量が一定数以上減ると集中力が落ちます。

 

 水分はこまめに補給することが大切です。

 

 

3.机の上には常に教材を置いておく

f:id:aotya25:20201118113558j:plain



 

 部屋は広ければいいというわけではありません。

 

 人によっては狭い方が集中して取り組むことができます。

 

 手近にテキストなどを置いておいたほうが勉強への取っ掛りもつきやすいです。

 

机は壁に向って置く

 

 机の配置を部屋の真ん中にしてしまうと視界に入ってくる情報が増えてしまって集中力を妨げます。

 

 机は壁に向かって配置し、勉強以外の情報を遮断すると集中が持続しやすいです。

 

 余計な情報を入れないという観点からは窓際ではない場所に机を置くといいです。

 

 ただ多少圧迫感があるので、疲れを感じたら休憩を挟んで気分転換をするといいと思います。

 

 また、勉強机の上には常に何かしらの教材を載せておくといいです。

 

 もっと言えば勉強スペース以外にも教材を置いておくとスキマ時間を無駄にしなくて済みます。

 

 目に止まればちょっと開いてみようと考えるかもしれません。

 

 思い立った時に勉強部屋に教材を取りに行く手間も省けます。

 

 勉強はスタートを切るのが一番労力が要ります。

 

 教材が出ていればなんとなく手に取って勉強を始められることが増えます。

 

片付け

 

 部屋は整頓されている方がいいですが、普段の忙しい日々でキレイな状態を維持するのは大変です。

 

 時間がない場合とりあえず使う教材ごとにまとめておく作業だけはしたほうがいいと感じています。

 

 例えば司法書士試験であれば会社法商業登記法の教材はセットで保管しておく、記述式対策のものはまとめて置いておくなど、すぐに取り出して使える状態にしておくと便利です。

 

 また1日5分片付けとして一定の時間を確保しておくのもオススメです。

 

 毎日5分であれば続けられると思います。

 

仮眠スペース

 

 睡眠を疎かにしてはいけません。

 

 眠くて集中できない場合は潔く仮眠を取った方が今後のためにはいいです。

 

 人は眠っている間に記憶の整理をします。

 

 つまり長期記憶を獲得するためには睡眠が欠かせません。

 

 記憶の定着は仮眠でも効果があるとされています。

 

 仮眠をする際は目を瞑るだけでも効果があります。

 

 完全に寝てしまわないように布団やベッドで眠るのではなく、ちょっとした仮眠をとるスペースを用意するといいと思います。

 

 

4.まとめ

f:id:aotya25:20201118113959j:plain

 

 散らかっている部屋の方が集中できるという人もいます。

 

 私も部屋がキレイすぎると落ち着かないのでテキストを点在させています。

 

 しかしあまりにも散らかっていると必要な教材を探すだけで時間を取ってしまうので、ある程度は片付けておくほうが無難です。

 

 今回の内容を簡単にまとめると以下の通りになります。

 

  • 勉強スペースに余計なものを置かない
  • 机の上には常に何かしらの教材を置いておく

 

 勉強部屋が快適だと勉強への意欲も湧きます。

 

 

5.次回の予定

f:id:aotya25:20201118113810j:plain

 

 次回は兼業で司法書士試験合格は可能かというテーマについて考えて行きたいと思います。

 

 それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

6.受験生の日常

 

 小さい頃は色々な習い事を経験しました。

 

 その中でも一番好きだったのは水泳教室ですね。

 

 持久力もつくし、あとプールのおかげかは分かりませんが風邪を引きにくくなりました。

 

 英会話も良かったですね。

 

 英語学習は早ければ早いほどいいと思います。

 

 英会話教室のおかげで中高生時代いい思いができた気がします。

 

 大人の習い事としても英会話は人気ですね。

 

 

 最後に我が家のデグーさんです。インスタもやっているので宜しければ覗いてみてください。

f:id:aotya25:20210823183839j:image

 

 ツイキャスでは勉強配信をしています。告知はしないのでゲリラにはなりますが一緒に勉強頑張りましょう。

 

Instagram

https://www.instagram.com/aotya39/

 

Twitter

 

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村