モコブログ 司法書士試験の合格体験記をめちゃくちゃ書くブログ

デグーと暮らす兼業司法書士受験生が試験に合格するまでを書いていきます。

資格試験 勉強をスタートする前に意識しておくこと 講座選択編 通学型講座


スポンサードリンク

勉強をスタートする前に考えること 講座選択編 通学型のメリット

f:id:aotya25:20201203125037j:plain

 

 資格試験、いざこの資格を取得しようと決断した後、最初に行うことは資格講座を決めることになります。予備校や講座は、色々ありますのでかなり悩む点だと思います。どうせ受けるなら自分に最適の講座を選択したいところです。

 

 今回は、より合格に早く近づくための講座選びについて話していきます。当記事では、通学型について書いていきます。オンライン型については次回へ回させていただきます。

 

 『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!

 

目次

 

 

1.通学型とオンライン型

f:id:aotya25:20201210131143j:image

 

 まず、勉強を始める前のさらに前段階、これからお世話になる予定の講座や予備校を選択していきます。予備校を選択する上では、値段、場所、講座のスタイル、何を強みとしているかなど、様々な条件で一番自分に合っているものに決めることになりますが、自分にあった講座というのはどうやって選べばいいのでしょうか。

 

 まず、大体の資格試験で同様なことが言えるのですが、資格講座は通学型と自宅で学習するオンライン型があります。

 

2.通学型のメリット

f:id:aotya25:20201210131152j:image

 

 どちらを選択するかは、自身の置かれている環境に応じて変わってきますが、出来るのであれば通学型の方がいいと思います。

 

 理由としては、4つ程あります。

 

モチベーション維持のため

 

 1つ目としては、通学型の方が講師の方や他の受講生と実際に対面することになるので、モチベーションの維持がしやすいことにあります。

 

 一人で学習していると、どうしても誘惑に負けて集中できなかったり、緊張感に欠ける部分も出てきますので、高い水準でやる気を維持するのは困難です。しかし、通学型の予備校では、同じ目標に向けて頑張る同士や、それに応えようと奮闘してくださる講師の方を面前にすることで、自身の頑張りに繋げることがオンライン型より容易になります。

 

 それに、友だちやライバルと呼べる人もつくることができます。お互いに切磋琢磨出来る存在がいることは貴重です。

 

質問をその場で

 

 2つ目としては、疑問点をすぐに質問することができることです。

 

 オンライン型では、電話やメール、郵送等で質問を受け付けている場合がほとんどです。しかし、電話以外の方法での質問は回答を貰えるまでしばらく時間が必要ですし、電話でも実際のテキストや問題集を見て質問することができないので、質問の意図を伝えることが難しく、実際に会って話すときよりハードルが高くなります。

 

 通学スタイルの場合は、実際に対面して話せるので上記のような心配は少なくなりますし、何より疑問に思ったことをその場で解決してくれることは大きいです。

 

スケジュール管理

 

 3つ目としては、スケジュール管理がしやすいことです。

 

 自宅で講義を進めていくと、どうしても遅れが出てきます。しかし、通学型の場合は予備校で組まれているスケジュール通りに進行していきますので、講義に関しては遅れることはなくなります。

 

 更に、講義を受けた後の自宅での学習においても、自分の現在の学習の進捗具合を把握しやすくなります。遅れている場合は計画を組み直したり、勉強に気合いを入れ直したりなど、自分の現段階の状況の改善もしやすくなります。

 

緊張感ある会場での試験

 

 最後は、答練などの試験を、緊張感のある会場で受ける経験ができることです。

 

 実際の本試験会場は、相当な緊張感に包まれています。その緊張感は実際に経験してみないと分かりませんし、できれば本番までに少しでも慣れておきたいところです。

 

 オンライン型での講座の場合、時間も場所も自分で管理しなければならないので、試験を会場で受けるよりは甘くなってしまったり、緊張感が薄いので実際の試験の時の実力とに差が出てきます。

 

 オンライン型であっても、本番への練習として、一度は会場での模試等を経験しておくことをお勧めします。

 

 試験当日、実力を発揮する方法については別の記事にて紹介させていただいたので、お時間ありましたらご覧下さい。

 

 

aotya25.hatenablog.com

 

 

3.通学型のデメリット

f:id:aotya25:20201104172944j:plain

 

 通学型のメリットを上げてきましたが、こちらにもデメリットはあります。

 

移動に時間を取られる

 

 デメリットとしてまず1つ目は、通学時間が挙げられます。徒歩圏内に予備校があれば別ですが、大体の場合電車やバス等公共交通機関を利用しなければならない人が多いと思います。

 

 そうすると、出かけるまでの準備や移動に時間を取られてしまうので、そういった時間がもったいないと感じます。

 

 それにまず予備校が遠方にある人は通学型を選択すると、途中で挫折する結果になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

感染リスクが上がる

 

 現時点においては、コロナウイルスが猛威をふるい、全国的に感染者が増加傾向にあります。

 

 そんな中通学しての勉強ですと、移動や教室、自習室等での感染リスクは自ずと上がってしまいます。

 

 もちろん予備校でも感染対策は常に心がけているでしょうが、実際に感染している人が近くにいる場合、絶対に感染らないということは言えません。

 

持ち込める教材が限られている

 

 司法書士試験を例に挙げると、テキストだけで冊数も重さも相当なものになります。

 

 それを自習室に毎回必要な教材を持っていくことはかなりの労力になります。六法だけでも重いので、まず持ち込める量が限られています。そして、忘れ物をしてしまっては勉強できる範囲に制限が出来てしまいます。

 

受講料が高額

 

 一般的に通学で資格を取得する場合、オンライン型の講座より受講料が高額になります。これは仕方がないことですが、司法書士試験にみても、50万を超える講座もあるので経済面ではかなりの負担になります。

 

4.まとめ

f:id:aotya25:20201002150905p:plain

 

 通学を選択する方がいいとは言いましたが、コロナウイルスの感染が終息していない今、通学型に決めるにはそれなりの犠牲を伴う可能性もあるので、注意が必要です。

 

 講座を決める際には、それぞれのメリット、デメリット、そして自身の置かれている環境等を考慮してじっくり決めていくことが後悔を少なくするための方法です。

 

 独学で合格を目指そうとしている人もいると思います。独学でも十分短期合格できる資格も多いですが、司法書士試験や司法試験、公認会計士試験などの難関試験は予備校に通った方が無難ですし、時間の節約にもなります。

 

 

5.次回の予定

f:id:aotya25:20201019154715j:plain

 

 次回は、講座選択編、オンライン型について書いていこうと思います。それでは、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

6.受験生の日常

 

 私の今一番の趣味は、写真を撮ることです。機材はNikonデジタル一眼レフを使って、主に我が家で飼っているデグーを被写体に撮影しています。ポートレートでは、レフ板やストロボも使用しています。

 

 風景やポートレートもたまにやるのですが、そこで最近ドローンにも興味が出てきました。最近のドローンは意外と簡単に操作できるみたいですね。

 

 

 最後に我が家の今日のデグーさんです。インスタもやっているので、よかったら覗いてみてください。

f:id:aotya25:20201210131303j:image

 

Instagram

https://www.instagram.com/aotya39/

 

Twitter